木材・プラスチック再生複合材普及部会
 
 
【主な原料】
WPRCの主な原料は、廃棄物として発生した木質原料と産業廃棄されたプラスチック原料で、 その種類は次のとおりです。
木質原料…建築解体廃木材、剪定した枝、家具製造工場などから発生する端材、残材、鋸くずなどです。
プラスチック原料(熱可塑性プラスチック※) 家電リサイクル・容器包装リサイクル・産業廃棄物などから得られるリ
サイクルプラスチックです。
※熱可塑性プラスチックとは加熱によって原料全体がやわらかくなり、成形可能な流動性を持つよう になるプラスチックを言います。PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)などがそれにあたり ます。
【特長】
WPRCは、環境配慮型製品素材で次の特長を持っています。
1.リサイクル材料 …廃棄物が主な原料です。
2.多回リサイクル性 …使用後の製品は、回収して繰り返し原料として使用できます。
3. 環境にやさしい素材 …リサイクルによる省資源化、廃棄物の削減を実現でき炭酸ガス(CO2) 放出量の削減がで
きます。
4. 安全素材 …ホルムアルデヒド放散量、有害物溶出量[カドミウム、鉛、水銀、セレン、ヒ素、 六価クロム]などに関する
JIS規格をクリアーした安全素材です。
5. 安心素材 …微細に粉砕してから成形するため、腐れ、割れ、とげ、ささくれなどが少なく、安 心して使用できます。
6.広いデザイン自由度 …押出成形のため、複雑な断面でも用途に合わせて、様々な形状に安定し て製造できる工業
製品素材です。用途に応じてインジェクション成形、 プレス成形、注形など様々な製造方法が可能です。
7.ライフサイクルコスト削減 …木材と比較し、初期購入費用は若干高価になりますが、防腐防蟻処 理などのメンテ
ナンスが不要なため、経済的です。
会員募集
WPRC素材メーカー、製品メーカー、インテリア・エクステリアにWPRCの活用をお考えの設計・施工会社および、 拡販を志向される商社等、会の趣旨に賛同される企業様の積極的なご参加をお待ちいたします。
 
ページトップへ