木材・プラスチック再生複合材普及部会
 

WPRCの歩み

 

木材・プラスチック再生複合材の歩み

木材は・・・・・

木材は、強度の高さや天然の風合いが愛され、古来より建築材料を初めとする広い市場で高い評価をうけてきましたがプラスチックのように、様々な形状へ成形することが困難でした。

一方、プラスチック材料は・・・・・

プラスチック材料は優れた成形性・生産性、均質な品質などを特長とし発展してきましたが原料コストの高さや強度不足が課題としてあげられてきました。

この双方の課題を補うためWPC〈Wood Plastic Composite〉が誕生・・・・・

木材とプラスチックの複合化技術の開発がおよそ30数年前にヨーロッパで始まり〈Wood Plastic Composites〉(以下"WPC")として製品化されてきました。日本では1990年初頭に内装用にWPCを使用し始めたのが初期のWPC導入例となります。

1997年には屋外デッキ専用WPC製品も製品化されるようになり、その後技術の進歩とともに木材とプラスチックの配合比率を変えた様々な木材・プラスチック複合材を選ぶことができるようになりました。

リサイクル材料を原料としたWPRC〈Wood-Plastic Recycled Composite〉が誕生・・・・・

このWPCの技術を元に研究開発されたものが「木材・プラスチック再生複合材〈Wood-Plastic Recycled Composite〉」(以下"WPRC")です。

WPRCはリサイクル材料(廃棄物として発生した木質原料と産業廃棄されたプラスチック原料)を主原料としこれらを再生複合、成形した素材です。

2000年を過ぎる頃には「環境」をキーワードに公共事業などに多く採用されるようになり、日本でも屋外用WPRC市場が一気に開花しました。

持続的資源循環社会の実現に貢献・・・・・

WPRCは「リサイクル材料」として広い分野で製品化されるとともに、使用後には回収して繰り返し原料として使用できる「多回リサイクル性」を もつことで廃棄物の削減や資源保護、環境保全に配慮し持続的発展が可能な社会の形成に不可欠な素材とて認知されてきました。

1990年代後半から2000年代後半に掛けて当普及部会員による製品供給が一気に進み、品質の担保された製品が安定供給されるようになりWPRCの普及に 貢献しました。2010年代に入り、更なるWPRCの普及を目指し市場要求に応えるべく機能の多様化を図った製品展開や技術開発を進めており、 技術的な進歩や規格の整備に伴い、持続的資源循環社会の実現へ向けたWPRCの用途は一層の広がりを見せることが予測されます。

WPRCの進化と歴史

  アメリカ・ヨーロッパ 日本 中国・アジア
1970年代   ・北欧から木材とプラスチックを複合化・成形する技術の日本導入が試みられたが、産業化まで至らず  
1990年代 1990年 米国企業が屋外用高級デッキにより世界ではじめてWPC製品の事業化に成功




1999年
 オーストリア企業が世界で初めてWPC専用押出成形機を発売


1993年
 日本初のWPCが内装用で発売される
1995年 WPCで浮き桟橋用床板が発売される
1996年 WPRC(原材料に40%以上のリサイクル材を使用)デッキ材等の屋外用製品群が発売される
1998年 会員企業が続々と生産を開始
 
2000年代

2002年
 オーストリア企業が改良型のWPC専用押出成形機を発売



2004年
 米国において世界で初めてのWPCデッキの品質規格ASTM D7031が制定
2007年 WPCに関する欧州規格CEN/TS15534-1~3が制定
2007年 フィンランド企業が紙を素材としたWPCを使ったをパビリオン出展。日本人建築家が設計を担当
2000年 会員企業が手摺に補強材を入れずにBL(優良住宅部品)認定を始めて取得する
2002年 木粉入プラスチック擬木が発売される
2002年 ホームセンター向けに,木粉比率の高い屋外用製品が
2003年 内装用WPCによるリフォーム用フローリング材が発売される
2005年 廃木材と容器リサイクル樹脂を原料とした製品の生産が開始される
2006年 JIS A5741「木材・プラスチック再生複合材」制定
2007年 会員企業が金属芯材と組合わせた擬木製品を発売
2008年 中国資源総合利用協会・WPC専門委員会と(社)日本木材加工技術協会 木材・プラスチック複合材 部会との技術交流を主とする相互協力協定調印



2003年
 中国で国産技術によるWPC企業が誕生し生産が始まる。


2005年
 中国で北京五輪、上海万博等に向け、中国資源総合利用協会・WPC専門委員会設立



2008年 中国資源総合利用協会・WPC専門委員会と(社)日本木材加工技術協会 木材・プラスチック複合材 部会との技術交流を主とする相互協力協定調印
2010年代   2010年 JIS A1456「木材・プラスチック再生複合材の耐久性試験方法」の制定
2010年 会員企業が間伐材マーク取得
2010年 会員企業が屋外用に自己消火性を有した製品を発売
2010年 会員企業が耐紫外線特性・遮熱性に優れる二層構造の製品を発売
2011年 本普及部会原案作成によりWPRCのCFP(カーボンフットプリント)算定の基礎となるPCR(商品別算定基準)認定取得
2011年 会員企業が、初のCFPマーク使用許諾取得
2014年 製品JIS原案提出に併せ、
JIS A5741を改正。
WPRC・JISの三本柱(素材・試験方法・製品)が完成。(2014年度中予定)
2014年 JIS A5741のISO化に向けた
「平成26年度グリーン建材・設備製品に関する国際標準化・普及基盤構築事業」に参画







2011年
 韓国,マレーシア,インド,イタリア,中国を中心にWPCデッキ材試験方法が提案され、ISO化への具体的取組みが始まる
会員募集
WPRC素材メーカー、製品メーカー、インテリア・エクステリアにWPRCの活用をお考えの設計・施工会社および、 拡販を志向される商社等、会の趣旨に賛同される企業様の積極的なご参加をお待ちいたします。
 
ページトップへ