木材・プラスチック再生複合材普及部会
 
 

1 WPRC普及部会環境指標WG

地球環境問題がますますクローズアップされる今日、木材・プラスチック再生複合材(WPRC)はその環境配慮性の高さから、環境JIS(JIS A 5741木材・プラスチック再生複合材)として公示されるなど、社会での認知度も少しずつ高まってきています。
 当普及部会においても、木材・プラスチック再生複合材(WPRC)製品市場をより一層拡大するべく、普及広報活動を行うと同時に、信頼性の向上や環境負荷低減のための取組を行ってきているところです。
 このような動きの中で、我々業界として、入口としての原料確保、出口としての市場や用途開発、更に環境貢献性をどのように表現するか等、避けては通れない課題が多いことに気づかされました。
 そこで、これらの重要課題を解決するために、従来の概念にとらわれない新しい柔軟な発想力を持つ若い方々が参加し、自由に徹底的にディスカッションする場として2007年11月にワーキンググループ(WG)を設置し、現在も環境指標WGとして活動を行っています。

2 過去の活動実績


WPRCを通した環境教育
出前授業の実施(2009年度~2011年度)
授業テーマ■WPRC を通して考える環境問題
「日本の森・3R編」、「それぞれの環境問題への取組み編」、「日本の森編」、「ゴミ減量作戦編」
■WPRCの材料開発に向けた基礎研究とCFPによる環境評価
授業風景
■WPRCを通して考える環境問題「日本の森編」

間伐材が使いにくい理由を説明

こうもり傘を使って樹木の生育を表現。
天然林と人工林の違い、人工林の間伐の必要性をゲーム感覚で学びます。
■WPRCの材料開発に向けた基礎研究とCFPによる環境評価

材料開発に向けた基礎研究の紹介

授業後に開催したWGメンバーと
大学生の座談会の様子
受講者幼稚園児・小学生・中学生・大学生(計約400人)東京都港区M小学校(3年生)、神奈川県横浜市K小学校(5年生)、大阪府河内長野市T小学校(5年生)、神奈川県横浜市O小学校(6年生)、東京都私立K中学校(2年生)、K大学(2回生)、K市立青少年科学館(ワークショップ参加者:幼稚園児~中学2年生)
受講者からの声
(一部抜粋)
・木とプラスチックをまぜてリサイクルをするものがあることを、初めて知りました。(小3)
・とても楽しかったです。プラスチックが溶けていたのでびっくりしました。(小4)
・最先端の研究に触れることができた珍しい機会だったので、興味をそそられました。(大学生)
・「環境に良い」というフレーズを分かりやすく消費者に伝えることで関心が高まり、もっと日本の研究者も増えるのではないかと思いました。(大学生)
ページトップへ
WPRCの環境性能の定量化
WPRCの環境性能の定量化
どのように環境性能を定量化するの? カーボンフットプリント(CFP)を用います。
CFPは、商品・サービスの環境性能を定量的に評価する手法のひとつです。
カーボンフットプリントとは? 「商品・サービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO に換算して、当該商品及びサービスに簡易な方法で分かりやすく表示する仕組み」のことをいいます。 (社団法人産業環境管理協会の新CFPプログラムホームページから引用)
WGの取り組み(2008年度~)
研究・調査■WPRCと南洋材のLCCO 比較データを作成。
■普及部会としてのLCCO の代表値を算出。
■WPRCのLCCO について、学会でのポスター発表及び査読論文投稿
 ・第60 回日本木材学会大会(2010年3月17~19日)でのポスター発表
 ・日本建築学会への論文投稿 
  渕上佑樹,神代圭輔,古田裕三:WPRC(Wood Plastic Recycled Composites)のLCCO
  評価,日本建築学会環境系論文集 76 (659),
PCR原案の作成  普及広報分科会と合同で、PCR原案を作成し、経済産業省が実施する「カーボンフットプリント制度試行事業(2009年度~2011年度)」において、建材業界で初めてPCRの認定を受けました。
【商品種別算定基準(PCR)(認定 PCR 番号:PA-CB-01)対象製品:木材・プラスチック複合材】
WPRCの広報活動
月刊誌スクールアメニティ最新技術情報2009年11月号(出版元:ボイックス株式会社)へ掲載
タイトル:『「WPRC」×「学校」=エコスクール』
「WPRCの環境配慮性」や「WPRCの活用事例」などについて紹介。
ページトップへ
政府広報活動への協力
子ども見学デーへの参加・協力(2010年度~
活動内容 普及部会と共同で「夏休み子ども見学デー」に参加し、出前授業を実施しています。
環境指標WGでは主にWPRCの原材料や特徴についてのパワーポイントや資料を作成し、
それを用いて説明を行ってきたました。
また、作業体験では子ともたちの安全を見守りながらWPRCと環境について説明をしてきました。
作成資料 ■2013年度 作成資料(パワーポイント)
 「WPRCってなんだろう??~製品編~
 「WPRCってなんだろう??~木材編~」
 「WPRCってなんだろう??~プラスチック編~」
■2014年度 作成資料
 子供たちに家へ帰ってから復習してもらうために配布資料として
 「WPRCってなんだろう?」を作成し、参加者に配布しました。
資料
PDF
公的認定などの調査および整理
環境指標WGでは環境配慮性を評価するさまざまな基準や指標、当普及部会会員が
取得している公的認定やWPRCに関係する公的認定のなどの調査および整理を継続して行っています。
詳しくは、WPRCに関する公的認定他のページを参照願います。
ページトップへ

3 2016年度活動報告

1)木材の地域認証制度とWPRCとの関連性に関する情報収集
・2016年8月 日本最大の消費県である東京都に対して情報収集の実施
2)WPRCに求められる情報の発信
・WPRCについてのWikipediaの作成
・各都道府県の木材産業関係部署および地域材認証制度を運用している運営機関に対するメールマガジンの配信
3WP(R)Cおよび繊維複合材料についての情報収集
・WPRCについてのWikipediaを作成するにあたって、WPRCの定義や特徴、性能、製造方法、種類、用途等を
再確認するために、WP(R)Cおよび繊維複合材料に関する文献を収集し、それらを内容ごとに分類した。
4)WPRC製造工場の見学
・WPRCの製造に対する知識をより深めるとともに、WPRCを製造している現場の声を直接聞き、意見交換を行う
5)LEEDに関する情報収集
・LEEDに建築材としてWPRCがどのように関わることが出来るかについての情報収集を行った。

4 2017年度活動方針

昨年度までの環境指標WGの活動内容を踏まえ、WPRCを産地認証制度の対象とするためのより詳細な情報収集を行うと
ともに、WPRCの認知度を広めるための手段としてWPRC部会HPの更新やメールマガジンの配信等を積極的に実施する。
1)木材の地域認証制度とWPRCとの関連性に関する情報収集
・WPRC部会の会員企業を中心としたWPRC関連企業に対して、現在抱えている問題点や要望、産地認証制度への
関心などについてヒアリング調査を実施することで、行政側と企業側との間で生じている認識のずれを再確認する
2)WPRCに求められる情報の収集および発信
3)環境影響評価
WPRCのLCCO2評価を最新のデータを用いて行い、評価シナリオも海外輸出を想定したものなどを追加することで、
WPRCの環境配慮資材としての再評価を行う。得られた結果を学会誌や協会誌へ投稿する

5 2017年度環境指標WGメンバー

  所属 氏名
メンバー 岐阜県生活技術研究所 石原 智佳
京都府立大学大学院 久山 貴暉(L)
沖  貴大(SL)
神代 圭輔
京都府立大学大学院 岸 和実
(国研)産業技術総合研究所 関  雅子
文化シヤッター株式会社 中村 博紀
三重大学大学院 渕上 佑樹
アドバイザー 京都府立大学大学院 古田 裕三
顧問 株式会社エコウッド 渡邉 厚
事務局 (一社)日本建材・住宅設備産業協会 勝間田 実
会員募集
WPRC素材メーカー、製品メーカー、インテリア・エクステリアにWPRCの活用をお考えの設計・施工会社および、 拡販を志向される商社等、会の趣旨に賛同される企業様の積極的なご参加をお待ちいたします。
 
ページトップへ