木材・プラスチック再生複合材普及部会
 
 

2017年度活動報告

普及広報分科会

1.グリーン購入法関連
H30年4月よりグリーン購入法・特定調達品目追加決定。
運用に関して国交省、建材試験センター調整。判断の基準等HP掲載。
普及部会会員間で、運用に関するルール通達。
2.みなとモデルの他地域展開による普及促進
林野庁を訪問したが、林野庁としてはまず各区の営繕部隊に向けて木材拡大の取り組みが優先ということで、期待した成果が上げられなかった。
3.ホームページの維持更新
ホームページの更新
グリーン購入法関連情報ページ新設
HPのSSL化
4.政府広報活動への協力
H29年8月2日、3日に開催された、経済産協省「子どもデー」出展
H30年4月3日に公表された、経済産業省(産業技術環境局 国際標準課担当)のWPRCに関するISO発行のニュースリリース原稿草案作成に協力

標準化分科会

1.国際標準化
・H29年度経産省委託事業「グリーン建材・設備製品に関する国際標準化」
WPRCの定義、リサイクル材料含有率、原料に関する規定、原材料の配合率など、WPRCの基本部分に関して規定したISO20819発行(平成30年3月)に全面的に協力した。
・ISO20819より除外した、WPRCの試験方法に関する国際標準化を目指し、関連規格との比較試験実施など、国際提案に向けて準備を行った。
2.製品JIS・素材JISフォロー
・JIS A5741改正(2016/03公示)
ISO 20819、グリーン購入法、判断の基準との整合性からJIS A5741の改正の必要性が出てきた為、来年度、内容、時期など議論を進める
・JIS A 1456改正検討
・JIS A 5742制定(2015/06公示)の改定についてはペンディング
ページトップへ
会員募集
WPRC素材メーカー、製品メーカー、インテリア・エクステリアにWPRCの活用をお考えの設計・施工会社および、 拡販を志向される商社等、会の趣旨に賛同される企業様の積極的なご参加をお待ちいたします。
 
ページトップへ