木材・プラスチック再生複合材普及部会
 

JIS関連情報

 

JIS規格 JIS A5741「木材・プラスチック再生複合材」が2012年3月に改正されました。
また、新たにJIS A1456「木材・プラスチック再生複合材の耐久性試験方法」が2010年4月に制定されました。

木材・プラスチック再生複合材(以後WPRC)は、素材として広い分野で 製品化されるとともに、使用後には回収して繰り返し原料として使用できる素材であり、廃棄物の削減や再利用によるリサイクル化が可能な製品素材であることから、資源保護、環境保全に配慮し、しかも持続的発展が可能な社会の形成に不可欠な製品素材です。

このような観点に立って、2006年4月にJIS規格(JIS A5741)として公示され、2012年3月には繰り返しリサイクルされることを考慮し、一部改正されました。 さらにJIS A5741に規定されるWPRCの耐久性を確認するための試験方法が規定(JIS A1456)されました。

JIS A5741:2012「木材・プラスチック再生複合材」

主なねらい

  • WPRCのリサイクル原料の含有率、品質性能、安全性、耐久性など、主に環境に配慮した側面について整備することで、環境配慮型製品素材としての客観的な評価を知ることができます。
    また、使用者に対する品質保証、WPRC全般の適切な市場形成などを目的としています。
  • "WPRCは、原料に廃材を使用していますが、建材として使用できるのか、その安全性は確保されているのか"という品質保証上の疑問を払拭することをねらいとしています。

利点

  • 使用するリサイクル材の配合率を明確にすることで、製品素材のリサイクルを可能にします。
  • 使用する材料の品質について規定しリサイクル材料の含有率を区分化して表示することによって、使用後は回収し、繰り返し原料に使用(多回リサイクル)することが可能です。
  • 素材の特性と安全性を規定すること、及び使用者側が知りたいと思う最小限度の品質性能を共通の尺度で表示することによって、使用者が安心して使用できるようになります。

表示の見方

木材・プラスチック再生複合材の表示マーク例


表1 リサイクル材料の含有率区分及び表示記号

含有率区分 表示記号
40%以上 R40
50%以上 R50
60%以上 R60
70%以上 R70
80%以上 R80
90%以上 R90


表2 プラスチック原料
分類系統 原料系 記号
一般用
プラスチック
ポリメタクリル酸メチル PMMA
塩化ビニル PVC
ポリプロピレン PP
ポリエチレン PE
ポリエチレンテレフタレート PET
ポリスチレン PS
スチレン/アクリロニトリル SAN
飽和ポリエステル SP
アクリロニトリル/ブダジエン/スチレン ABS
エンジニアリング
プラスチック
ポリカーボネート PC
ポリアミド PA
ポリフェニレンエーテル PPE
その他
プラスチック
PC/ABSアロイ PC/ABS
耐衝撃性アクリロニトリル/スチレン ASA,AES,ACS(ABS)
PP/EPDMアロイ PP/EPDM
エチレン/酢酸ビニル EVAC
ポリブデン PB
メタクリル酸メチル/アクリロニトリル/ブタジエンスチレン MABS
ポリテトラフルオロエチレン PTFE
注)上表に示す原料には、バーゼル条約に抵触する物質を含まない

表3 再生複合材の用途分野及び用途区分、並びに主な製品類
用途分野 記号 主な用途区分 記号 主な参考例
エクステリア EX 重歩行用 デッキ材
住宅又は野外施設用 デッキ材、ベンチ、バルコニー、フェンス、門扉、パーゴラ、テラス
その他用 デッキ材、ベンチ、バルコニー、フェンス、門扉、パーゴラ、テラス、外壁、ルーバー、柵、テーブル
インテリア IN 住宅等床用 フローリング材
住宅等室内装飾用 造作材、化粧材
土木 CV 型枠工事用 型枠材
歩道用 歩道用床版材、舗装材、枕木、擬木

 

ページトップへ

JIS A1456:2010「木材・プラスチック再生複合材の耐久性試験方法」

主なねらい

WPRCの長期使用に対する耐久性を確認することで、長期にわたり安全・安心な材を使用いただくことを目的としています

利点

  • JIS A5741に規定するWPRCの耐久性確認のための試験方法を規定しており、性能評価の信頼性と安定性が確保されます。
  • 用途に応じ要求される幅広い耐久性について、その評価方法を規定しており長期間安心して使用できるようになります。
  • 多岐にわたる耐久性を評価をもれなく、わかり易くするため劣化要因と測定方法に関する相関マトリックス表示を採用しました。

マトリックス表(抜粋)

ページトップへ
会員募集
WPRC素材メーカー、製品メーカー、インテリア・エクステリアにWPRCの活用をお考えの設計・施工会社および、 拡販を志向される商社等、会の趣旨に賛同される企業様の積極的なご参加をお待ちいたします。
 
ページトップへ